RESEARCH‎ > ‎

研究事例(グラフ信号処理)

マルチモーダルGISデータの圧縮

センシング技術の発達に伴い、低コストで生産される大量のセンサを用いることで複数の属性(気温・湿度・気圧など)を持つ広範囲な地域のデータを取得できます。
このように取得されたデータは、都市計画や環境アセスメントにおける意思決定に活用されています。
取得された「生」データのサイズは、センサの数・属性の数・取得期間といった要素から膨大なサイズとなります。
本研究室では、グラフ信号処理とコンピュータビジョンの知見を活用することにより、革新的なマルチモーダルな信号処理技術の提案に向けて研究に取り組んでいます。

Comments